R32 GT-R の潰れたジャッキポイントを修理 <2008年11月>

2020年10月26日鈑金塗装GT-R,スカイライン,自作

入庫時の状態

今回は R32 GT-R のサイドシルの修理ですが、外からは凹みの程度はあまりわかりません。

入庫時の状態 R32 スカイライン GT-R
入庫時の状態 R32 スカイライン GT-R
入庫時の状態 R32 スカイライン GT-R サイドシル
入庫時の状態 R32 スカイライン GT-R サイドシル

サイドシルプロテクターがついているとジャッキポイントが少し潰れているかな?程度にしか見えませんが、裏から見るとフロアが凹んでいるのがわかります。

入庫時の状態 R32 スカイライン GT-R サイドシル裏側
入庫時の状態 R32 スカイライン GT-R サイドシル裏側

R32 のジャッキポイント、堅い当て板が一枚ついているんですが、それだけなんですよね、不思議なことに。

フロアに当て板一枚だけ、サイドシル側にコレといった補強なしです。リアのジャッキポイントも同様にほとんど補強なしなので、ジャッキポイントの凹んだR32は沢山あります。

R32のもう一つの弱点というか腐りやすいポイント、リアフェンダーのマッドガード付近の修理は以前の記事<R32 スカイラインの鈑金のやり直しと一部レストア>でご紹介したことがあります。

入庫時の状態 R32 スカイライン GT-R サイドシル裏側
入庫時の状態 R32 スカイライン GT-R サイドシル裏側

一度変形したパネルは鈑金して形だけを元に戻しても、もうジャッキポイントにはならないので切り取って補強をすることになります。

フロアーの修復

まずはフロアを修復できるように引き出します。

R32 スカイライン GT-R 助手席側 フロア
R32 スカイライン GT-R 助手席側 フロア
R32 スカイライン GT-R 助手席側 フロア
R32 スカイライン GT-R 助手席側 フロア

サイドシルは切継ぎするので無視してフロアを修復します。

潰れたサイドシルを引き出すところ
潰れたサイドシルを引き出すところ

サイドシルのインナーとフロアのつなぎ目が2枚になっているところがあるのでそれを直します。

潰れたサイドシルを引き出すところ
潰れたサイドシルを引き出すところ

フロアもリブ形状で強度を出す感じなので、当て板を剥がして鈑金しておきます。

フロア側からも叩き出して修理
フロア側からも叩き出して修理

フロアの脇、サイドシルのインナーに後で補強を入れて溶接します。ここは一度潰れるとすぐに腐食します。

フロア側からも叩き出して修理
フロア側からも叩き出して修理

サイドシルの切継ぎ

サイドシルを切り取りました。

R32 GT-R のサイドシルを切り取る
R32 GT-R のサイドシルを切り取る
R32 GT-R のサイドシルを切り取る
R32 GT-R のサイドシルを切り取る

切り取ったサイドシルを作っておきます。

切り取ったサイドシルを自作
切り取ったサイドシルを自作
切り取ったサイドシルを自作
切り取ったサイドシルを自作

インナーに補強をしたら、作ったパネルを貼り付けます。

自作したサイドシルパネルを合わせて調整
自作したサイドシルパネルを合わせて調整

切継ぎパネルの溶接

自作したサイドシルパネルを合わせて調整
自作したサイドシルパネルを合わせて調整

リジットラックで作業しているので狭くて作業中の写真があまり撮れていません。

溶接したらチッピングコートして塗装になります。

チッピング塗装

自作したサイドシルパネルを溶接
自作したサイドシルパネルを溶接
自作したサイドシルパネルを溶接
自作したサイドシルパネルを溶接

「修理も塗装も小さく済ませるように」という作業指示なのでフェンダーも外さずに潰れたジャッキポイントだけを修理しました。

R32 GT-R のサイドシルにチッピングコート
R32 GT-R のサイドシルにチッピングコート
R32 GT-R のサイドシルにチッピングコート
R32 GT-R のサイドシルにチッピングコート

ボディ色塗装

サイドシルプロテクターの組み付け
サイドシルプロテクターの組み付け
R32 GT-R の潰れたサイドシル修理完了
R32 GT-R の潰れたサイドシル修理完了

サイドシルプロテクターをつけたらまったく見えなくなってしました。

今回は凹みのみでしたが、R32のジャッキポイントの腐食はとても多くてインナーまですべて作らなければ修復できない車も多くありました。

鈑金塗装GT-R,スカイライン,自作

Posted by YAGI