鈑金塗装

他工場の鈑金をやり直し part2古い修理痕

今回も前回のバネットラルゴ同様に他工場の鈑金修理のやり直し作業を行います。症状としてはドアに付けられたパテが剥がれてしまったというもので、再修理とはいっても10年以上も前の修理なので経年劣化 ...

鈑金塗装

小さな不具合と隠れた不具合小さな不具合

今回は久しぶりに板金修理のご紹介になります。

車はニッサンのバネットラルゴです。フロントパネルの不具合で以前に他の工場で修理したのだけれどパテが割れているので修復できるのか見てほしいと ...

その他,レストア

完成写真

シュリンカー&ストレッチャーAE86 切継ぎ修理の最終回

前回の記事では右のリアフェンダーまで終わった AE86 です、今回はその続き、左リアフェンダーの切継ぎ修理をしていきます。写真の整理の関係で掲載は後になってしまいましたが、作業は ...

レストア

型紙の作り方・分割して切継ぎホイールアーチの腐食

これまで リアハッチ・サンルーフの切継ぎ修理を紹介した AE86 の修理の続きになります。一連の修理を掲載順にご覧になる方は次のリンクからどうぞ。

AE86 リアハッチの切継ぎ修理 ...

レストア

サンルーフ塗装

サビの傾向と対策・形の複雑な切継ぎAE86 のサンルーフのサビ

リアハッチを修理した AE86 の修理の続きです。

今回の修理箇所はサンルーフ。

インナーとアウターを分解したり、サビたところを切継ぎしたりのご紹介 ...

レストア

リアハッチの剥離

ファイバースコープを使った点検と防錆AE86 リアハッチ 右側の切継ぎ

前回はリアハッチの左側コーナーの切継ぎをご紹介しました。

今回はその続きでリアハッチの右側コーナーの切継ぎ修理とその他のリアハッチの切継ぎ、最後に防錆処 ...

レストア

剥離済みのリアハッチ

パネルの切断方法と切継ぎ痕にハンダ盛りAE86のリアハッチ、入庫時の状態

以前にアップしたAE86の修理ページへのアクセスが多いので、せっかく来てくださったのに古い記事ばかりな事が気になっていました。そこで、ちょっと最近の切継ぎ修理をご ...

レストア

430セドリック

入庫時の状態

さて今回は430 のセドリックで、フューエルリッド付近に小さなブリスターが出ています。錆びているんだろうと思いますが、問題はどんな錆なのかが気になるところです、早速写真を診てみます。

フューエルリッドの周囲にブリスタ ...

レストア

前回まで

これまで2回にわたってリアフェンダーのレストアを紹介した AE86 ですが、次のサビに手を付けます。

前回までの様子はこちらをご覧ください。

AE86 錆びたリアフェンダーのレストア その1
AE86 ...

レストア

前回の続き

前回の「AE86 錆びたリアフェンダーのレストア その1」ではホイールアーチの切継ぎまで終わっていた AE86 の作業の続きです。

テールレンズ付近のパテを剥がしたところからです。

リアフェンダーのパテを剥 ...

レストア

複雑な形の切継ぎサバンナRX-7 (SA22C)です。

外装は綺麗な状態です。

しかし、フードの裏、ヒンジ付近に寄ってみると、サビで塗膜が剥がれてきています。

ヒンジからもげてしまいそうな状態なので、今回はココを ...

レストア

共付け溶接とハンダ盛り430 セドリック 入庫時の状態

フェンダーの下、サイドシルにつながる箇所に浮きサビが見えます

拡大してみます。膨らんで浮いているところと、パテの亀裂からサビが見えるところがあります。

フェ ...